ペットを買いたい!お店はどうやって選ぶべき?

店内の匂い・清潔感をチェック

ペットショップに入った時に「なんだか異臭がする」と思った場合、そのペットショップでペット買うのはやめておきましょう。なぜなら、異臭がするペットショップはそれだけペットの糞尿などの世話が行き届いていないということになるからです。また、店内の清潔感も良くチェックしてみてください。お客さんの目に触れる店内ですらきちんと掃除が行き届いていないようだと、バックヤードはもっと汚いということになります。清潔でなければないほどペットが病気にかかるリスクも高まってしまうので、清潔感のないペットショップも避けるようにしましょう。

店員さんの対応・身だしなみもチェック

ペットショップの店員さんにペットのお世話の仕方について質問してみた時になんだか曖昧な返事しか返ってこなかった、という場合もそのペットショップでペットを買うのはやめておきましょう。質問に対しての返事が曖昧ということはペットについての知識がないということなので、販売しているペットたちの病気に気づけていない可能性があります。また、店員さんの身だしなみがしっかりとできていないペットショップもやめておきましょう。身だしなみという基本ができていないということは、ペットの世話もしっかりとできていないに違いありません。

保証が手厚いかもチェック

自分たちの販売しているペットに自信があるペットショップでは、大抵十分すぎるほどの保証がついています。ここでいう保証とは例えば12ヶ月の生体保証、1ヶ月の医療費無料といった保証のことです。保証が手厚いということはそれだけ良質なペットを販売しているという自信の表れなので、良いペットショップかどうかを測るいい基準となります。

ペットショップでは、いなくなってしまったペットの捜索依頼ができたり、ペットの里親募集ができたりします。