準備万端!新しい家族を迎え入れる3つの方法

その1ペットショップで買う

一番ポピュラーで、かつ最も利用されているのがペットショップでの購入です。生後数か月の子犬や子猫が多数おり、その種類も様々です。必ずしも希望する種類の子がいるとは限りませんが、お店によっては希望する種類の子を取り寄せることも可能です。

ペットフードはもちろん、おもちゃやリード、ケージ、エサ入れ、ベッドなど、必要なものをその場で買いそろえることができるのも魅力の一つです。何かわからないことがあれば、知識や資格を持った専門のスタッフがいるので、初めて買うという方でも安心してペットを選ぶことができます。

その2ブリーダーから直接買う

ペットショップとの大きな違いは、ずばり「価格」です。ペットショップだとどうしても人件費や輸送費、管理代などが価格に反映されてしまうので、その分高くなってしまいます。その点ブリーダーから直接だと、一般的なペットショップのように間を挟む業者がいないので、その分コストが抑えられます。

またブリーダーは、その動物についてのプロでもあります。しつけや接し方、散歩やご飯のあげ方といった具合に、気を付けなければいけないことについてアドバイスを受けることができます。

その3保健所や里親制度を利用する

保健所や動物愛護団体やボランティア団体が開催する、譲渡会で譲り受ける方法もあります。ペットショップやブリーダーよりも安価で買うことができるし、中には無償で譲り受けることもできます。今はツイッターなどのSNSを使う方も増えており、より多くの動物たちが新しい家族に迎え入れられています。

ペットショップを通さない専門ブリーダー直販の子犬販売は、厳しい基準をクリアした健康で可愛い子犬を通常より安く購入できます。